So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナス4℃の見えない世界 [ライト関連]

そんなワケで、

 

自称脆弱の駄犬ことワタクシ川端、

2011年最初のオフは、前回記事にさせて頂きましたhowa_sara氏主催による名古屋明徳公園での「照射オフ」となりました。


それは、私にとって既に21回目となるオフ会への参加でもあったのですが、

いまだかつて経験したことのない規模であり、

また、白馬オフ以来のライトオフとしての「ガチ」感でもありました(^^)

 

今回、私が心底残念だったのは、お忙しくて参加できないというwingさんを拉致れなかったこと(--)

wingさんがあそこに居たらなぁ、、、もーちょっと、こう、色々解説付きで堪能できたのになぁ。。。


ああ、そうそう。

wingさんにお預かりした「お土産」は、キッチリお渡ししておきましたので(^^ゞヨロシク・・・

 

素直に、

同好の集団とはいえ既知の、なんなら既に実体化済みの仲間内だけではありませんでしたし、そもそも初対面の方が15人もいらっしゃるような場所。

しかも、今回は事前にどなたかとネット上で密にコンタクトをさせて頂いたようなこともありませんでしたので、

普段のオフだと「顔とかクルマのナンバーとか写っちゃいけないモノが写んないように」とか「こういう記事用のこういう写真を」みたいなことを考えつつ写真を撮る余裕があったりするのですが、今回は、正直、カメラを出すのも最初躊躇した程でしたし、

まあ、アレです。ぶっちゃけたハナシ、、、

私は、最初自分がどこでどうしてればいいのか?ここではどういうことをしても構わないのか?みたいなことが良く判りませんでした(^^;

 

また、

ネット上での「川端」がどういう印象であるのかを私自身が判断するのはとても難しいのですが、


掛けて頂いた御言葉で印象に残っているのは、


某氏「意外と礼儀正しい方なんですね(^^)」

・・・意外って言いましたか?いま(^^;・・・


みたいなことでありました。。。


えーと、、、

可能な範囲で恐縮ですが、反省しときます。はい(--;ゞ

 

しかし、まあ、アレですよ。

単なる経験則に過ぎませんが、ネット上の印象なんぞ、その人物を実際目の前にするにあたりほぼアテんなりゃしねー。

強いて言うならcinqさんが例外的ではあるものの、いままでお会いさせて頂いた方々で私が抱いていたネット通りの印象の方は、ほぼいらっしゃいませんでした。


だから、

私は、モニター越しだろうが実体だろうが、いま目の前にある姿が自分にとっての「そのひと」だと思うことにしています。例外はありません。


例えば、どこかの「そのひと」が、

ネット上でめちゃ面白い記事を書くのに、リアルではとても無口。

ネット上では礼儀は愚か、なんなら罵詈雑言撒き散らしているのに、リアルでは非常に礼儀正しい。

ネット上ではリーダーシップを発揮し「場」を仕切っているのに、リアルでは「場」の状況に流されるばかり。

そんなカンジだったとしても、

それは、別に「そのひと」の本性がどちらかにあるワケではないと思うんですね。


たぶん、

そのどちらもが「そのひと」


たまたま諍いの最中にある「そのひと」をネット上で見かければ、大人げないとか、あるいは凶暴だとか、そういう印象を抱いてしまうだろうし、

たまたま諍いの最中にある「そのひと」とリアルで遭遇してしまえば、やはり大人げないとか、あるいは凶暴だとか、そういう印象を抱いてしまう。


んで、

たまたま好きな話題で盛り上がる「そのひと」の書き込みをネット上で見かければ、楽しそうだとか、好人物だと目に映り、

たまたま好きな話題で盛り上がる「そのひと」と同席する機会があれば、やはり楽しそうだとか、なんなら好人物だと印象に残る。


つか、

敵意の無いひとには友好を示し、害意を感じれば抵抗し、ヤバそうなら逃げる。

それは、ネット上だろうがリアルだろうが、きっと誰でもそうなんじゃないのか?と、私は思います。

 

問題は、

「そのひと」が、自分にとってどういう「そのひと」であるのか?


それだけですよね(^?^)

 

さて、

今回のオフで印象に残っているライトは、やっぱマクサビームでした。

あんなモノを使うシチュエーションってのが、貧相な私の想像力だとイマイチ思い当たらないのは確かなのですが、なんやかんやゆーて「明るさは正義」

ライトとしての性格こそ違えど、前にリオさんのご厚意で触らせて頂けたR2X OSTARやGatLightなんかと同じというか、

とにかく所有してみたいなと思うライトだと感じました。


まあ、アレです。ビンボーなんで宝くじでも当たらん限りは買ったり出来ないという悲しみを俺はどこにぶつければ?(--)


会場では、並べられて勝手に触ることが出来たほとんどのライトがhowa_saraさんとロヒチさんのモノだったような気もしつつ、しかし、ホントにいっぱい。

もうね、チカチカやってるうちに、なんかどっかマヒして諸々判断基準がおかしくなるくらい、まさに「これでもかっ!」みたいに並んでいたし、

人もいっぱいいたし、そもそも貴重なコレクションなんだろうしで、

こんな私でも大なり小なり人様の邪魔にならないよう、まかり間違っても取り落とすなんてな愚行を犯さぬよう、まあ、それなりに気遣いというか、遠慮めいたことも考えたりしてはいましたので、

あんま覚えて無いんスよね(^^;


とにかく「堪能したなあ」みたいな感覚と、

あと、それでも、

howo_saraさんのコレクションにあったペリカンの長めのヤツ(機種名不明(^^;)がめっちゃ使い易そうだったり、

やっぱりhowa_saraさんのコレクションにあったルマレイ(これも機種名不明(^^;;)のヤツが物凄く可愛かったり、

ロヒチさんのコレクションにあった改造MAGのいくつかに無性に萌えてみたり、

高演色ではないサンドロップも、それはそれで良さそうだなと思ってみたり、

たぶん走れメロンさんだったのかなぁ?携帯にフォトン型のこだわりキ―ライトを複数着けてらっしゃるのを見て、ちょっとマネしようかなと思ってみたり、 思ってみたので真似(追記参照)しちゃいましたm(_ _)m

景品でゲットなさった方から見せて頂いたトマホークと同メーカーのハンドルライト(nobさんが同じの持ってたハズ)を見せて頂いたり、

数人で色んな光色のライト並べて、どれが見易いとか綺麗だとか、そんな比べ方してみたり、

ファミレスでは何人かの方にEDC見せて頂いて、やっぱ、こう、ペタっと広めというか、フラットな照射で小型のモノが好まれる傾向があるんだな、みたいなことをひとり思ってみたり、

そういう記憶は残っていますm(_ _)m

 

それから、

思ったのは、ぶっちゃけ、皆さん寒いのつえーっスよね(^^;


私は、


上が、

モンベルジオラインのハイネックアンダー(しかもEXP)

メーカー不明のネルシャツ

エディバウアー550FPのダウン+フェザーのジャケット


下が、

アシックスのストレッチアンダー

モンベルのアルパインソックス

メーカー不明の防寒レッグゲーター

パンツこそ綿混のパラトルーパーパンツでしたが、

靴は、それこそ超防寒装備。ソレルのパックナイロン

そこに、ロゴスの安物合羽のパンツを防風にしてて、


んで、

グローブがメーカー不明のスエード+ボアのエスキモー

帽子がバックスキン

首にはモンベルのシャミースネックゲーター

しかもダウンのポッケには使い捨てカイロが二個


という、

なんなら標高3000メートル極寒活動中ですか?くらいの防寒装備だったのですが、それでもじっとしてればそれなりに寒かった。


確かに、私は私で異常な寒がりであると自覚するにやぶさかでありませんが、

けっこう「普段着」みたいなカッコで、あの吹きっ晒しの零下をほとんど運動することなく4時間も耐えるってのは、そーとー強いんじゃないだろうか?

とか、私は思うのですが、、、


どなた様もお風邪などめされていらっしゃらないことを勝手に祈っときますm(_ _)m

 

オフが終わって、

98kさんとふたりの帰り道。


川端「いやあ、堪能しましたね(^^)」

98k「楽しかったですね~(^^)」


みたいなことを話しつつ、当初はどこかで仮眠をとり余裕を持って帰る予定だったのですが、

ファミレスでred-bicycleさんに見せて頂いた予報では、薄いスジ状の雲が日本列島を覆いガッチガチの西高東低ではありつつも、前線は遥か太平洋の上。

積雪量を確認しても、その段階だと湿った空気は山脈に落とされているようなので、現在位置から西に向かう道程に大きな不安は感じない。

どうやら、我々が走るルートは歪ながらも積雪から逃げるカタチになるであろうと予想。


怖いのは、

峠と呼ばれる標高の高い部分で起こるであろう予想不可の局所的な積雪。こういうのは量も範囲も正確に予想出来ないので、


川端「ちょっと降ってきましたね(--)」

98k「ええ。しかし、朝までに帰り着こうと思うなら停まらずに走るべきだと思います。『通行止めになる前』に滋賀あたりの峠を越えるカンジが良いでしょう」

川端「なりますかね?通行止め」

98k「正直、わかりませんね。でも、可能性は十分あります」


自称「西日本で一番信頼できるナビ」(^^)

98k氏のお言葉と自身の天候予測が合致。我々は強行軍での帰阪を決定しました。


運転するのは私の役目。

どこでどうなったのかよく判りませんが、高速上、通常は川端号より遥かにハイペースで目的地までたどり着くことの多いred-bicycle号よりも川端号が少し先行しており、

98kさんは、仕事即のご参加、しかも朝までには帰らねばならないというred-bicycleさんを気遣っていらっしゃったのか、携帯で気象情報や道路情報を流しておられました。

そういうときは、素直に「このひと」はホントに良いひとなんだなと思ったりもしますね。


そうこうしている内に、車外の気温はマイナス4℃を計測。

そうでもなかったハズの雪が強くなり、やがて

前なんかほとんど見えないような吹雪に(^^;

 ↑ red-bicycleさんトコです。

最後のお写真で、なんとなく雪の状況がお判り頂けようかとm(_ _)m


さすがにワイパーが停まってしまうようなことこそありませんでしたが、

一時間程度でしょうか?雪の中を走るのはかなり久しぶりなので、どうやら緊張し、しかも寝不足の私は集中力の途切れを感じ始めます。


今回は、人様の命も一緒に乗っけてるワケで、意地でも事故なんぞ起こすワケにはいかない。まあ、ひとりでもぜったい嫌ではありますけれど。


川端「98kさん。えーかげん疲れてきました。つか、目がヤバいです(--;」

98k「では、休憩しましょう。少し休んで、それでも無理ならあきらめて寝ればいいですし(^^)」

川端「そーします。。。次のSAで」

98k「次は、、、えーと、○○SAですね。あと、だいたい20kmくらいです」


で、SA

そのだいたい20kmとかって距離の内に吹雪を抜けてしまい。雪なんかほとんど感じないほどの天候に。

とりあえず用足しとか飲み物の補給とかに出るのですが、吹雪いてはいなくても、やっぱ、すげー寒い。目なんか一瞬で覚めまくり(^^;


98k「平気ですか?」

川端「もうすっかり。おまかせを(^^)」


てなモンで、まんま再出発。


その後は、こう、峠を越えたというか、再び吹雪の中を走ったりもするのですが、あんま苦に感じることも無く、それこそ順調に峠を越え、

最終の高速、大阪で都市高速への分岐にて、


とつぜん、

98k「ああっ!川端さんっ、そっちじゃありませんっ!!

川端「え?え?え?マジですか?」


てんで、「西日本で一番信用できるナビ」の指示通り分岐をスルーすると、


98k「ああ、、、しまった。あっちでよかったですよ。。。最後の最後に、ああ。。。」

川端「マジすか?(^^;」


とりあえず、次のインター降りるのですが、、、


98k「兵庫ですね」

川端「ええ。兵庫ですよ『西日本で一番信頼できるナビ』その名も98kさん(^^)」

98k「このままwingさんトコ行って朝食でもごちそうになりましょうか?あは(^^;」

川端です(--)


とかなんとか、

そんなに遠回りってワケでも無かったので、そんなに時間的な遅れも無く、我々は98k邸に無事到着(^^)


98kさんの荷物降ろして、お互いに「ありがとございました」っつって、

私はひとり大阪ディープサウスの我が家へと。


こうして、我々がやるようなキャンプや探訪を兼ねるライトオフとはまた違った楽しみ方の、それこそ「ガチ」のライトオフ初体験はおしまい。

 

キャンプや探訪を兼ねるライトオフも楽しいですし、個人的には、やっぱそういうオフのほうが肌に合っていると感じるのですが、

やっぱ「ガチ」は「ガチ」

こういうのも「アリ」だなあ、と。


気を遣わなかったといえば嘘になるし、やはり初対面の方が多ければ警戒もするし、おとなしくもなる。

もしかすると、どこかの瞬間、どなたかの目には川端のテンションが低く見えるようなことがあったのかも知れませんが、

素直に、すげー楽しかったです(^^)

 


おしまいm(_ _)m

 

 

2011.01.22.追記

20110122.jpg

むっふっふ。モノは違えどプロットみたいのはそっこー真似( ̄ー ̄)

やっぱ、ひと様のアイテムは色々見せて頂くものですな(^^)v


コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 14

wing

次回は必ず拉致してくださいね(^^♪
娘の受験日だったので流石に行けませんでした・・・

by wing (2011-01-22 01:18) 

98k

いやあ、今回はほんとにお世話になりました。

わたくしも
「サングラスかけてないのでわかりませんでした」
と数名の方からいわれました・・・(^_^;

ネットでの誤解とかはいろいろあっても、
なにせ同好の趣味の世界ですから、
リアルでお会いする時には、
最低限の礼節さえわきまえておけば、
あとはそれぞれのスタイルで楽しめるように・・・

その点は主催者のhowaさんはじめ、
手伝っておられた方々が、かなり気を遣って、
うまくリードされておられましたね。

ま、わたくしのように、「すべててきとー」
とゆー、やり方もあるのですが・・・

>最後のインターチェンジ
今まで数百回は通過してるはずなのに、一瞬、
「一般道に出てしまうっ!!」と思ったんですね。
やはり寝不足でのとっさの判断はいけません。
でもあのルートだと、都市高速のお値段は安くなるんですね。
早朝とか深夜なら渋滞もなく使えそう・・・

>wing娘
おおっ、お受験だったのね!!!
やはりあのまま朝食を食べにお邪魔して、
みんなでお見送りすればよかったですね。
で、そのまま朝から宴会に突入、と・・・げひげひ

by 98k (2011-01-22 15:36) 

川端

>wingさん

受験かあ、、、
ウチもそのうち他人事じゃなくなるなぁ。。。

やはり発表まで気が気じゃなかったりするんでしょうね(^^;


次はぜひm(_ _)m

単なる想像ですが、ライトマニアでwingさんに会ってみたいと思っておられる方って、必ず、いや、たくさんいらっしゃるのではなかろうか?とか書いてハードルを上げておく( ̄ー ̄)ヘッヘッヘ・・・

つか、旅はにぎやかなほうが楽しいと思います。

またどっか行きましょう(^^ゞトリアエズハ3ガツ・・・
by 川端 (2011-01-22 16:53) 

川端

>98kさん

いやあ、今回はほんとにお世話しました(^?^;

オフ会中は各々ほぼ単独行動でしたし、私は単にクルマ出しただけっつーウワサもありますが、、、

もしも多少なりとも今までの御恩なり義理なり果たせたのであれば、とても嬉しく思いますm(_ _)m


>>サングラスかけてないのでわかりません

ですよね~

と、先様に:p


キャンプ系はゆーまでもありませんが、
また機会があれば、「ガチ」のヤツも行きましょうね\(^^)
by 川端 (2011-01-22 17:11) 

monozof

ネットでの印象かぁ・・・いや考えないでおこう。


それはともかく低温に加え降雪とはかなりヤバ目の強行軍だったようですね。
私でも夜の吹雪の中の運転は超怖いっス。

おおっフォトンのジャラ付けってこーゆー感じになるのか。これは確かに洒落てますね。
by monozof (2011-01-22 21:19) 

川端

>monozofさん



>>印象

だいじょーぶ(^^)

あくまでも、どこまでも、きっと、だいじょーぶ( ̄ー ̄)


>>雪

そちらは本州の中から南あたりなんか比べ物にならないくらい雪対策考えないと、かなり辛そうですよね(^^;ナントナク・・・

雪ん中走るのって、こう、スキー場周辺の一般道とか駐車場の中とか、ワザと滑らせてみたりとかすると楽しくて、昔はけっこー好きだった記憶が残っていたのですが、、、

もうダメっつーか、とりあえず今回の吹雪いてる高速はゼンゼン楽しくなかったです。はい(--;ゞ


>>ジャラジャラ

一般的って誰基準なんだよ?ゆってみろよ(--)
みたいなことではありつつも、正直、一般的にオサレかどうかは微妙な気もするんですけれど(^^;

でも、なんか、こう「らしい」でしょ?

「ああ。そういう趣味のひとなんだな。好きなんだな」みたいな(^^)
by 川端 (2011-01-23 09:02) 

cinq

キャンプオフも楽しそうですが、こーゆうガチなオフってやっぱ楽しそうですね~
八王子オフもそうでしたが、見たことないライトや大砲系ライトの光量にはやっぱ圧倒されます。

オフ会の開催時間にskypeで会議してて
「高速も結構雪が降ってるみたいだけど大阪勢は無事か?」
みたいな事が議題にあがってました。

今年はどこかのオフでご一緒したいですね。
てか、自分が一番都合が付かない奴ですね(^_^;)
by cinq (2011-01-24 19:15) 

川端

>cinqさん

御面識が無いのでアレなのですが、

例えば、red-bicycleさんが、

「クルマで何百kmとかまで自転車運んで、クルマ停めたら100とか200kmとか自転車で走って、んで、またクルマに積んで帰ってくるんですよ(^^)」

みたいなことをおっしゃるワケですよ。

そーすっと、私なんか

「申し訳無いけどその楽しさが解からない(--;」

とか、そうことになるんですね。


けど、考えてみると、

「夜中に零下のグラウンドで4時間懐中電灯三昧」

ってーのも、

まあ、アタシ自身お~もいっきり同類だってーおハナシなのですが、

それこそ奇妙奇天烈摩訶不思議。

その楽しさは、あるいは趣味外の方には完全に理解しがたいものであるのでしょうね(^^;デショ?・・・


つーことで、

奇天烈同士またどこかでご一緒しましょう(^^ゞ
by 川端 (2011-01-25 13:22) 

alaris540

「この冬一番の寒波」の報にホントにやってるのか、と思いきや…ライトマニアには人智を超えた謎がある?暖かくなったら呼んで下さいまし。

スッゴい料理がワンサカあるのがライトOFFだと思っていましたがスッゴいライトがワンサカあるライトOFFもあったのですね!
by alaris540 (2011-01-25 17:00) 

川端

>alaris540さん

暖かくなったらあたたたたほあたぁっ。そう思っていた時期が私にもありました(--)

つか、暑いのは耐えるしかありませんが、寒いのは装備でなんとかなりますアウトドア(^^ゞ

そーいやX21実物見ましたよ~。あれで山とかしばらく歩いてみたい気がしましたm(_ _)m
by 川端 (2011-01-26 07:29) 

mo10

遠路はるばる寒い中、お疲れ様でした。

McGizmo SunDropのXR-Eをぶら下げていた、mo10です。

OFF会なるもの初参加の私でしたが、気さくな皆様のおかげで、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

次回、お会い出来る事を楽しみにしております。
by mo10 (2011-01-31 12:48) 

川端

>mo10さん

その節はどうも(^^)

あんなにマニア度高しでガッチガチの照射オフってのは、私も初めてに等しかったですm(_ _)m


私だって、まあ、あの場だと「それなり」に過ぎないとはいうものの、それでも懐中電灯好きなので、今回も楽しかったのは間違いありませんが、
なんというか、「アウェイ」とでもいうのか、実は人やモノの数や種類に圧倒されて、どちら様ともあまりお話させて頂いてないんですよね(^^;テレヤサントヨンデクダサイ・・・

ちなみに、我が「ホーム」のキャンプ兼オフも、それはそれでまた違った楽しさがございます。

何がって、例えば、吞んじゃって構わないとかあんま寒くないとか体力温存しなくてもそのままそこで寝られるとかとか(^皿^)


手前勝手な印象からで申し訳ありませんが、きっとアウトドアもお嫌いではなさそうな印象を持たせて頂きましたので、次回はぜひそちらで(^^ゞ

by 川端 (2011-01-31 22:22) 

mo10

お察しの通り、アウトドア大好きです。子供が小さい頃は、よくキャンプに出かけておりました。

サバゲーやらミリタリーグッズやら、男の子が好きそうなモノは、一通りかじっております。

次回、集いがある折に、お声かけ頂ければ幸いです。
by mo10 (2011-02-01 19:07) 

川端

>mo10さん

>>アウトドア

やっぱりぃ?(^^)

ぶっちゃけそっちもヌルいっちゃあヌルいことしかしないんですけれど。たぶん(^^;

サバゲーとかミリタリーてーと、アタシじゃ役に不足間違い無しなんですが、98kさんとお話が合うのかも知れませんね。

もし宜しければ、どこかでご一緒しましょうm(_ _)m
by 川端 (2011-02-02 08:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。