So-net無料ブログ作成
検索選択

川端文書其ノ六 [ライト関連]

こ、、、

 


声が出ねぇっ!

 


完全に声が涸れて、言葉を発するのさえ億劫。ちゅーか喉痛てぇ(--)

 

まあ、もともと風邪はひいていました。しかし、ほぼ治っていたハズ。

寒さと土埃と、あと、ワタクシこと川端、どー考えても しゃべり過ぎ であります(^^;ゞ

 

暗くなり始めた頃から「なんかおかしいな」とは思っていたのですが、

ハシャギまわるうち、どんどん体がダルく、喉がおかしく、声が涸れていく。


サイトに戻った頃には、「あー、こりゃなんか熱っぽいな」と。

 

その時間。

ナイトハイク終了後は、

皆でテーブルを囲み、おでん突っついたり酒呑んだりコーヒー沸かしたりしながら、まあ、歓談するんですが、流石に疲れの見える方もいらっしゃいましたし、わりと静かな宴席でありました。

それでも、時折ライトを片手に立ち上がり、林の中や坂道になった通路なんかで照射を試す方がいらっしゃったのは「ライトオフ」ならではかと(^^)


声を出せない「よーしゃべる関西人」ほど悲しい生き物はいません。既に電池切れかけのライトみたいなものです。


いちおー、なんちゅーかDNAに刷り込まれているので、ツっこんだり冗談を言ったりはするのですが、もう脊髄反射に等しい状態なので、キレもなにもありゃしねー。

つまり、面白くもなんとも無い(--;


早いトコお暇して寝てしまうのが一番なのですが、なんか席を外してしまうのが惜しくて、ワタクシ、どうしたものかと考えあぐねておりました。

 

そんな時、

98k氏の携帯に一本の電話が。


あ、そうそう、このサイト、アンテナ三本。

ちなみにこの島、大体どこでも圏外にはなりませんでした。ええ、無人島です(--)キッパリト・・・


次いで、私の携帯も鳴り響く。


「どもども」

とか言っていらっしゃる98k氏を横目に、見ると、私のほうは妻からであります。


取ると、

「なあ、G3っていう凄い怪しいヒトから電話あったけど。知ってる?」

「あー・・・知ってる。なんとなく(^^;シラナイッテイイタイケド・・・」


で、

「みなさん、G3さんから電話ですよ~(^^)」

とは、98k氏。

 

妻の話によると、

その日、私が家を空けるので、妻の母に来てもらっていたのですが、

その義母が自宅の電話を受けると、なんだかよく判らないがG3という方から電話があったようだ。

とても怪しいひとだった ので、私に伝えるようにと言われた。

ということらしい(--)

 

後ほど98k氏に電話を替わって頂いたので聞いてみると、どうやらG3さん私の携帯と自宅を間違えて掛けてしまったらしい。

 

まっ、それはいいんですケドね。

G3氏に、これだけは伝えとかないと。

 


G3さん、アナタ、

 

声だけで 物凄く怪しい んですってっ♪(^^)

 

 

んで、


ホントそのすぐ後、G3氏の電話から数分の後、また私の電話が鳴った。

cinq氏であります(^^)


22時くらいだったと記憶しています。

まだお仕事が終わったばかりで、帰路なんだとか。大変ですよね(--)


私はマトモに声が出なかったので、サクっと皆さんに替わって、それぞれ近況などお話頂いて。


そーいや、

「いやーみんな軟弱で軟弱で、酔っ払っちゃってるし、

 私が面倒見なきゃどうにもなんない

とか、もう一歩も歩きたくねーやみたいな状態の 酔っ払い がcinqさんに吹き込んでいたような気もしますが、あれは幻聴だったのでしょうか(^?^)

 

とにもかくにも、

ここで私の記憶は途切れます。もうダメ(--)


朦朧としてきた意識の中、その後なにがどうなっていたのか覚えていませんが、とにかく寝袋に潜り込み、寒い寒いと思っていたような気がします。


朝起きたときには、風邪薬を飲んだらしい跡と、「絶対に寝袋を買い換える」という強い意志だけが残されていました。

 


とりあえず、7時くらいには皆さん(wing氏を除く)起きていらっしゃいまして、コーヒー飲んだり、あるいはお酒(たぶん)呑んだり。
昨日の残りのおでんをつつく。

一時間後くらいでしょうか?おでんもすっかり無くなり、98k氏の持参なさったホットドックを食べましょうかくらいのタイミングでwing氏が起床。


私、アウトドアで起きたら、まず「よく眠れましたか?」と聞いてみるのがクセのようになっていて、この日も皆さんに聞いてまわったのですが、wing氏には、どー考えても無用でした。

wing氏、なんちゅーか「完成」されてます(^^)

 

和やかに朝食を終え、私はコーヒーをひっくり返し(--;

各自、あるいは協力して、撤収。


えっちらおっちら船着場へと移動し、予定より一本早い船に乗り、我々は「島」を後にしました。

 

個人的には「また来てもいいな(^^)」というのが、「島」への素直な感想でした。

 

その後、

年代も風体もバっラバラ。どーみても中小企業の社員旅行みたいなノリの六人組(^^;で、

淡島神社の参道で昼食を摂り、

結婚式かなにかやっていたので、綺麗な花嫁さんなんかで目を癒し、

いちおー参拝らしきことなんかもし、

道端の駄菓子や日用雑貨なんか置いてあるお店で皆でアイスを買い、

食べながら、だ~らだら駐車場へと取って返し、


そして、名残を惜しみつつも、解散。


それぞれがそれぞれの帰途へと。

 

私にとって夢のようだった時間は終了。日常へと戻るのであります(^^)

 


なぜか続くm(_ _)m


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

98k

ありゃ、cinqさんとG3さんは、お電話だけでしたか・・・
てっきり、夜だけ参加されてたのかと・・・

そういえばG3さんに、
「今から50wHID持ってきてね、待ってるからね。」
とか話してましたね、わたくし。

cinqさんとお話したのは今回が初めてでしたが、
何を話してたかは、殆ど覚えておりません。

川端さん、なんか急に静かになったと思ったら、
そういうことだったんですね。
寝る前の気温は11℃ぐらいだったので、
Tシャツ一枚で寝ましたが、暑かったですよ。げひげひ
by 98k (2007-04-24 01:01) 

川端

>98kさん


>>夜だけ参加

どうやって(^?^:


cinqさんとても楽しい方です。
今回は適いませんでしたが、いつか同席できるといいな(^^)


私の野望は、街中(前のビアガーデンみたいな状態)で、G3さんと98kさんが問答無用で照射しまくっているのを「少し離れて」眺めることだったりして(^^;
by 川端 (2007-04-24 07:34) 

TOMO

船着場で最初にお会いしたときから、声、かれてらっしゃいましたよね。

幹事役としての「盛り上げ」、お疲れ様でした。

ワタクシも、シュラフの選定、迷ったんですが、ものの見事に失敗でした。寒かったー!
by TOMO (2007-04-24 12:02) 

川端

>TOMOさん

>>声

そうでしたか?自分じゃ気がついていませんでした(^^;


寒かった。確かに寒かったですよね、、、(T△T)
by 川端 (2007-04-24 17:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。